韓国ビットコイン
韓国ビットコイン

韓国はビットコインに関する規制を厳格化、国は完全に禁止する恐れ

This post is also available in: English Español Português ไทย 繁體中文 Українська 한국어

Click here for more stories in this language

韓国は現在ビットコインブームの真っただ中ですが、韓国政府が介入している。今日、政府は新しい規制を追加しました。韓国がビットコインを禁止するかもしれない噂さえあります。

増える規制のニュースが現れた時、ビットコインの価値は10%以上急落し終日に渡り揺れ動いていました。市場が終わった時、ビットコインは13,728.86ドルの価値で終値を付けました。その日の高値である15,470.44ドルから下落しました。

今日の声明では、韓国政府はその規制を要約しました。最大のニュースは、韓国が現在実名での仮想通貨取引を要求するということです。また、国のマネーロンダリング「顧客確認(Know Your Customer)」法に違反すると政府が主張し、仮想口座の提供を銀行に禁止しています。トランザクションが匿名でできるというビットコインの主要利点の1つに関わらず、ダークウェブ闇市場の事実上の通貨としての評判に導き、アメリカの多くのビットコイン取引所は類似する手続きを実施しています

ビットコインは韓国では非常に人気があります。韓国は世界のビットコイン・トランザクションの約20%を占めています。ビットコインは非常に人気があり、韓国取引所は仮想通貨に対する国際レートより30%割増金を手数料に取ることができます。韓国ビットコインは人気がありますが、トラブルがないことはなく、一週間ちょっと前、韓国取引所ユービット(Youbit)は、ハッキング攻撃を受け、資産の17%を失ったと発表しました

韓国は、ビットコインに懐疑を抱く唯一のアジア政府ではありません。シンガポールはビットコインバイヤーに全てを失う恐れがあると警告しました。Stephen InnesはOanadaのアジア太平洋向け取引の頭であり、ブルームバーグ(Bloomberg)に語りました:

取締人は、これが主流かつ優勢的に小売り現象であることを非常に懸念しています。アジアだけでなく世界中の取締人はこの事実を発表し始めています。なぜならば、経済にとって暗号にある完全落下の下部が意味するものと妥協するとは思わないからです。

韓国がビットコインを禁止するかもしれないという恐れに関わらず、今のところ中国は仮想通貨を完全に禁止する唯一の国です。しかしながら、中国は国中でネット検閲があり、それが起こらなかった場合よりも、それにより簡単に行動を起こすことになりました。

 

Featured image by baloon111 via iStock

Click here for more stories in this language